2014年3月15日土曜日

Google Docs Add-Ons - Table of Contents について 

2014年3月11日、Google Docs に Add-On Store がオープンしたようです。

Google Document を開くと、タブの欄に、”アドオン” と追加されていました。

今回は、その中から、"Table of Contents" というアドオンについて書いていこうと思います。


Table of Contents とは、文章のタイトルや見出し、枠組みなどを、管理しやすくするアドオンです。
文章を書く前に、ラフドラフトを書いておき、その後で、中身を書いていけば、書いている途中で内容が逸れたりぶれたりすることなく、書き進められますね。


アドオンのインストールについて:
  1. 新たに表示されたタブ
  2. アドオンを取得
  3. 新しいウィンドウに、利用できるアドオンのリストが表示される
  4. 任意のものを選択し、”+無料” と書かれた青いボタン(右上あたり)をクリック
  5. 承認画面が表示されるので、承認を押す
これで、インストールは完了です。


今回、"Table of Contents" をインストールすると、開いていた Google Document の画面右に、サイドバーが表示されます。 それが今インストールしたアドオンとなります。



サイドバーの背景が肌色の部分には、

Apply headings to your document sections (Format > Paragraph styles) to make them appear in the table of contents (click on Reload needed).
あなたのドキュメントのセクションに見出しを適用すれば、それらがTable of Contents に表示されます(必要があればリロードしてください)

とあるので、次のように見出しを適用させていきます。

まず、 タイトルと見出し1~4までを書きました。



タイトルの文字を選択し、上のメニューの ”表示形式” から、”段落スタイル” を選びます。
次に、タイトルにしたいので、タイトルのメニューから ”タイトルを適用” を選択すると、その文字が文章のタイトルと認識されます。

見出しも同様にそれぞれ、見出し1~4までを適用させていきます。
※ 見出しの適用は、ショートカットキーが使えます。

    ⇒ 見出しにしたいテキストを選択してから、Ctrl + Alt + 番号



見出し適用後、サイドバーの青いリロードボタンを押すと、次のように表示されます。



先に、コンテンツの枠組みなどを決めてから、中身を書いていくような人には、使いやすいのではないかと思います。


0 件のコメント:

コメントを投稿