2016年1月27日水曜日

Github+Hexoでのブログの作り方

Github PagesにHexoでブログを公開するまで

Github Pagesを利用することで、Githubをホスティングサーバーとして利用できるらしいうことで、実際に使ってみました。

事前準備

Node.jsのインストール
Gitのインストール
Githubへの登録

Githubでgh-pagesというブランチをの作成

Hexoのインストール

公式サイトの Get Started にしたがって、進めていきます。


1
2
3
4
5
$ npm install hexo-cli -g
$ hexo init blog
$ cd blog
$ npm install
$ hexo server

Githubへのデプロイ

Githubへデプロイするために、Hexoで生成したディレクトリ内の_config.yml という名前のファイルを編集します。
これも、公式サイトに詳細が書いてあります。
ファイル内の最下部にあるdeployに関する箇所を、次のように指定します。


1
2
3
4
5
deploy:
  type: git
  repo: GithubのリポジトリへのSSHのリンク
  branch: gh-pages
  message: gitでpushしたときに表示されるコメントと同じ

書き換えが終わったら、保存し、terminalで


1
$ hexo deploy -g

と打ち、エラーがでなければ、無事にBlogが作成されています。

エラーが出た場合、ターミナルに、



1
$ npm install hexo-deployer-git —save

とうてば、解決。
CSSが反映されていない場合
_config.yml内を次のように編集。


1
2
url: blogのURL
root: /gitリポジトリの名前/

と設定し、


1
$ hexo deploy -g

新しい記事の追加



1
$ hexo new "new post"

で新しい記事が追加できます。
source/_posts/以下に.mdファイルが作成されます。
あとは、このファイルに、Markdown方式でBlogを書いてい砕けです。

Blogを書いていくための、今後の作業手順

  • Markdown方式でBlogを書く
  • hexo deploy -g

参考サイト

0 件のコメント:

コメントを投稿