2016年6月4日土曜日

「ソートアルゴリズム」の挙動をアニメーションで見れるサイト『SORTING』

アルゴリズムの基礎を理解する上で必須の「ソートアルゴリズム」。それをアニメーションにしてその挙動を見やすくしてくれるサイトがあったので、紹介します。

「ソートアルゴリズム」って何?


「ソート」とは、「分類する」という意味の英単語で、ソートアルゴリズムとは、コンピュータプログラムで数字の順序を整列させる指示を書いたもののことを言います。

ソートアルゴリズムには、色々と種類があるのですが、アルゴリズムの種類によって、処理スピードが異なります。数学の世界では、ビッグオー・ノーテーション(O(n))という記号を使って表すことができるのですが、基本的には、括弧の中の文字のオーダーが大きければ大きいほど、処理スピードが速くなっていきます。

種類は色々あるのですが、有名で初歩的なソートアルゴリズムは、「バブルソート」「クイックソート」「マージソート」です。

様々なコンピュータ言語で扱われるので、Psudo Code(擬似コード)などで書かれることが多いですが、ここでは割愛します。


「ソートアルゴリズム」を可視化したサイト『SORTING』



パネルを追加して、各ソートアルゴリズムのアニメーションを並べて、その動きを比較できます。



上から、描画の色、ソートする数字の数、数字の初期値の設定を行い、画面下のボタンで、パネルを追加します。


その他のソートアルゴリズム可視化サイト

Sort Algorism Animation




Sortivis.org


Visualization and comparison of sorting algorithms in C#

こちらのページは、ソートアルゴリズムを可視化するフリーウェアを提供しています。C#での各ソートアルゴリズムのコードも掲載されています。Macで動くかは不明。





大学では、JAVAの分厚い教科書をひたすら打ち込んで、動くかどうかテストし、教授にチェックをもらうだけの悲惨な授業があったけど、最初から、根本的かつ実用的なコードを書けるようになるために、プログラミングの初心者の方は、ソートアルゴリズムを学ぶことをおすすめします。











0 件のコメント:

コメントを投稿